あすかエコテックがおくる、アイディアで商品

わたしたちあすかエコテックは、福島県石川町の豊かな自然の恵みを活かしつつ、石垣島の高嶺酒造所の力を借りて開発したふくしま米の泡盛やスリランカの留学生との出会いから生まれた液体辛味調味料など「アイディアをカタチに!」をモットーに地場産品開発をしています。

  • 調味料

    調味料

    辛さのもととなるトウガラシは2種類のミックス。あすかエコテックに縁のあるスリランカの留学生が母国から取り寄せてくれたスリランカ原種と激辛のハバネロです。福島のお米で作った泡盛「三拝云」に数か月付け込んで旨味が引き立つ辛味調味料ができました。

    詳細はコチラ
  • リキュール

    リキュール

    福島のお米で作った泡盛「三拝云」にリキュールのベース材としての適性を感じ、2009年頃からリキュールづくりにチャレンジしてきました。たくさんの試作を行い、香りのよさ、味の良さを追及し、地元のバラを使用したリキュールが2016年に誕生しました。

    詳細はコチラ
  • 米

    米

    静かな山あいの里に飛鳥川という川が流れており、昔からその流域は、米の栽培適地として知られておりました。現在この地域で生産される米を「あすか米」として、米の放射自主検査、土壌分析、食味分析をして、「美味安心な米」を目指して取り組んでおります。

    詳細はコチラ
  • 米焼酎

    米焼酎

    21年前、福島県石川町の仲間と石垣島の川平の地に訪れました。そこでおいしい泡盛に出会いました。そして、福島の米を川平のその酒造所で天の梅雨に変えていただきたいとお願いしました。時を重ねれば重ねるほど香り豊かに熟成する世界が誇れる酒“泡盛”に。

    詳細はコチラ